パソコン 資格 - ISAC Netwerk > Articles by: admin

admin

CompTIAA+

CompTIAA+(コンプティアエープラス)という資格をご存じでしょうか?CompTIAA+とは1993年に試験配信を開始した、CompTIAA+が認定しているITのプロフェッショナルになる為に必要な基礎的なスキルがあることを証明する為の資格です。米国国防省では情報保証を担う人材には必須と言われているエリートな資格です。 この資格はマニアックな資格なので、普通にIT関係の会社で働いている方や

パソコンインストラクター資格認定

財団法人全日本情報学習振興協会が主催するパソコンインストラクター資格認定試験とは、高度なパソコンスキルを持つ指導技能者であることを測定する認定試験です。 この認定試験を受けるためには、受験申込時に満20歳以上に達していることと、同じく全日本情報学習振興協会が主催するパソコン技能検定2種試験の2級以上かビジネス実務試験の実践以上を受けていなければいけません。パソコン技能検定を受けていなくても、

パソコン整備士

パソコン整備士とは、パソコン整備士協会が主催するパソコンのハード・ソフトウェアに関する民間資格です。この資格を取得した後、パソコン整備士協会に活動員として入会することで初めてパソコン整備士に認定されます。 このパソコン整備士資格はあくまでも民間資格なので、持っていなくてもパソコン整備士になることはできます。しかし、パソコンのメンテナンスや情報教育を担当する際に必要なパソコンの知識を自分がどれ

ITパスポート

資格でもいろいろな種類があります。どの資格がどんな内容なのか、難しくて分からないという方も多くいらっしゃると思うので、ここではITパスポート試験について簡単ではありますが説明していきます。ITパスポート試験は、経済産業大臣が行う国家試験で、情報処理技術者試験の一つでもあります。初級システムアドミニストレータ試験に代わり、このITパスポート試験が始まりました。徐々に知名度が上がって来ましたが、まだま

基本情報処理技術者

こちらの資格は、エンジニアやプログラマなど、IT関係に携わりのある人や、就職でIT関連企業に社員として採用された新入社員に、是非取得してもらいたい資格です。特に、新入社員は企業側から、取得を進められる傾向があるようです。その背景には、基本情報処理技術者試験は、国家資格である為、企業側としても国家資格を取得している社員が多くいれば、技術の高さをアピールできますし、新入社員にもIT関連における幅広い分

情報検定(J検)

一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団が行なっている試験に「情報検定(j検)」があります。こちらの情報検定は、情報化社会の現代において、情報を創る 情報を使う 情報を伝える この3分野を軸にして学ぶ事により、情報化社会に関わりのある人材や、それらに準ずる人材の能力を総合的に評価する検定です。 【情報システム検定】(情報を創る) 主にプログラミング ソフトウエア システム開発技術に携わりたい

情報検索応用能力試験

コンピュータ関係に詳しくない人にとっては、一見聞きなれない名称の試験ですが、情報検索応用能力試験は、情報検索サービスに従事している人や図書館司書、新聞社や通信社、あるいは情報コンサルタントなどの職業に従事している人達にとって、必要または有利になる試験です。 情報検索応用能力試験は、様々な情報を検索して、その検索結果に対して評価や加工を行い、企画やコンサルティングなどの能力を求められます。

MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)

まず、MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)とは、マイクロソフト社の製品の実践的なスキル、幅広い知識を認定する世界共通資格です。MCP認定プログラムの1つにでも合格すればMCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)として認定されるのです。 科目は、マイクロソフトのサーバー製品の運用管理スキル、ネットワークセキュリティの設定や、データベースプログラミングのスキルなど様々な分野がありま

ドットコムマスター

色々な資格がある中で、実際のお仕事に活用できる資格があります。それが、ドットコムマスターです。聞いたことがない人もたくさんいると思うので簡単にご紹介していきます。 まず、ドットコムマスターとは、NTTコミュニケーションズが実施しているインターネットの利用の拡大を目的として2001年5月より始まった民間資格の試験です。合格した方にはNTTコミュニケーションズのインターネットサービスのOCNの在

事務 パソコン資格

女性の方に多く希望される事務職ですが、簡単にまとめると、文書や資料の作成、伝票整理、電話対応、いろいろな手配、来客の方への対応やお茶出しなど様々な仕事を行う仕事です。事務職といっても、所属によっても仕事内容が変わってきます。一般事務、営業事務、医療事務、貿易事務、秘書、経理事務などです。 簡単に説明しますと、営業事務は営業の方の補佐を行います。営業の売り上げの数字をまとめたり、資料を作ったり

パソコン 資格の基礎知識

パソコン 資格の種類

目的別のパソコン資格